banner

債務整理における弁護士と司法書士の違い

債務整理を考えているが、司法書士・弁護士どちらに相談すればよいのかわからないという方もいるでしょう。



司法書士は140万円までの訴訟代理権・交渉権があり、簡易裁判所でのみ手続きが行えますが、弁護士であれば金額にかかわず交渉でき、地方裁判所で手続きを行うこともできます。ですので、簡易裁判所だけですむのか、債務が140万円以上の請求をするかどうかがどちらに相談するかのひとつの目安になります。また、当然のことながら、弁護士の方が扱える領域が広い分、費用も多くかかることも念頭に入れておくといいでしょう。

Copyright © 債務整理が本当に正しいかを調べましょう All rights Reserved.